アトリエMの本棚

終末のフール/伊坂幸太郎

アトリエM_こばやしいちこによるオリジナルブックレビュー。たくさん読んだ本の中から、読者におすすめの一冊をご紹介します。

終末のフール/伊坂幸太郎

あと三年で地球が滅亡するとしたら、どうする?

このお話は、「八年後に小惑星が衝突し、地球が滅亡する」と、地球・人類の余命宣告がされてから五年が過ぎた頃の、仙台の団地ヒルズタウンの住人たちの、八つのお話。

八年後に地球が滅亡します、と言われた直後は、想像通り、人々はパニックになる。宣告された当初から五年間はひどかった。食料を買い占めたり、安全だという言われた場所へ、一斉に向かったりする。ペットの犬だって猫だって食べられちゃう。また、絶望して自殺しちゃったり、奪い合いで人が死に、また警察も機能しなくなるから、恐ろしいことに、「一度人を殴ってみたかった」みたいな人まで出てくる。敵は、小惑星ではなく、同じ人間だということ。
私だったらどうするかな?玄関のドアにがっちり鍵をかけて、静かに家族と過ごすかな。家族を守るために、武器になりそうなものは用意しておこう。

でもその五年が過ぎた頃、不思議と治安も落ち着き、止まっていた水道やガス、営業を再開するスーパーも出て来たりして、食べ物の供給も少しだが復活してきた。ただ歩いていて襲われるということも少なくなり、気持ちの余裕が出てきて、草野球を楽しんだり、ビデオで映画を観たりする気にもなったりする。

私が一番好きなお話は、「鋼鉄のウール」。ちょっとだけ、内容に触れていいですか?
ここに出てくるボクサーの苗場さんが、とにかくかっこいい。無口で実直、筋肉はまるで鋼鉄のよう。もちろん強いけれど、泥臭い戦い方は、時に試合に負けることもある。だけど、不思議と試合に勝った相手選手は、勝ったのに負けたような気持ちにさせられる、そんなボクサー。もしドラマ化・映画化するとしたら、この役は、静かで強い雰囲気の青木崇高さんにやってもらいたい。(もうちょっと絞って、鍛えてもらうことになっちゃうけど)

こんな苗場さんだから、もちろん地球が滅亡する、と言われたって動じていない。いや、動じていないはずはないのだけれど、それを見せずに、トレーニングを続けている。

しびれてしまった苗場さんのセリフがある。地球滅亡とか、まだない時代。俳優と対談した彼が、その俳優に、「明日死ぬって言われたらどうする?」と何となく聞かれるのだ。すると苗場さんは、「変わりませんよ。」と静かに答える。その俳優は、えー、明日死ぬのに?変わらないの?と笑う。すると苗場さんは、

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?
あなたのその生き方は、どれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

と、逆に聞く、という。

かっこいい……この答え方ぜったいかっこいい。私も、聞かれたら、こう答えよう。今のところ、誰にも聞かれていないけれど。

ああ、他にも苗場さんのかっこいいエピソードやセリフもあるけれど、これから読む人のお楽しみのためにとっておきましょう。

この本を読んでから初めたことが一つある。それは、テレビ放映も無くなった時のための、お楽しみの映画の録り溜め。DVDに焼いて、100円ショップのファイルに、作品名のあいうえお順に並べて、整理している。割とこういう作業は好き。今は、かなりの量のコレクションになっていて、これからも増えていく予定。我ながら、非常時の備えがそんな感じのところがお気楽な……。

ちょっとせつなかったり、家族愛だったり、友情だったり、サバイバルだったりするのだけれど、一貫して痛快。あと三年で滅亡するというのに、悲壮感は感じない。ヒルズタウンの住人は、さらさらと毎日を過ごしている。そこがいい。

文・こばやしいちこ
小さな頃から本が好き
映画が好き
美味しいものが好き
おせっかいに人に勧めたがり
愛犬・さくら(黒のトイプードル)を溺愛しながら、
毎日なにかしら本を読んでいます。

★このページでご紹介しているブックカバーはアトリエM&Mでお求めいただけます。