クリッセイ PR

あぁ、悠久。京都ですもの①

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

日常の中から、エンタメを整理収納目線、暮らしをエンタメ目線でつづります。栗原のエッセイ、つまりクリッセイ。

京都での取材を終え、せっかくだから少しだけ寺社を見てから帰ることにした。
訪れたのは平安神宮。
そう、どれだけミーハーと言われても仕方がないが、完全に大河ドラマ「光る君へ」の影響だ。
大河ドラマといえば、本編と次回予告の後に、ゆかりの地を案内する1分半の紀行のコーナーがある。今シーズンは「光る君へ紀行」(そのままなのね)。
第1回放送時の「光る君へ紀行」で取り上げられたのが平安神宮だった。

平安神宮まで徒歩で行ける距離だったので、鴨川沿いを少しだけ歩いて、大鳥居はくぐらずに、応天門から入場した。
青空に映える朱塗りの境内。週末にはかなりの人手だろうが、
この日、この時間帯は団体客ともぶつからずとてもすいていたので、
清々しい気持ちで中央から大極殿を眺め、内に近づいた。

このままさらっと引き返そうかとも思ったが、あまりにも静かでのんびりとしていたので、
私の「せっかくだから」モードが発令された。
そもそも今回は、あちこち京都市内を回る予定もなかったからだ。

そうして同じ敷地内に社殿を取り囲むように作られている庭、名勝 平安神宮神苑に足を踏み入れた。
総面積約33,000㎡(約10,000坪)の広大な池泉回遊式庭園とある。
はっきり言おう、春夏秋冬、さまざまな見ごろがあるようだが、この季節は何も咲いていない。
雪化粧をすればまた別の風情を感じられるようだが、そもそも雪だったら根性なしの私はきっと入園していない。

誰もいない南神苑からはじまる。
その季節になれば入口から見事な紅しだれ桜が咲き誇るらしい。
この日は寒そうな枝を見るばかりだった。

この南神苑の特に『平安の苑』には、平安時代に書かれた伊勢物語・源氏物語・古今和歌集・竹取物語・枕草子に出てくる200種以上の植物が植栽されているというのだ。
植えられた植物の足元に物語の一節が書かれたプレートが設置されていた。
もう『光る君へ』だし、『らんまん』な感じ。
どこまでもミーハードラマモードだが、私はここで秘かに一人ラリーをはじめた。
源氏物語のプレート&植物だけをチェックして片っ端から写真に撮ることにしたのだ。

例えばこれ
中世女流文学を専攻していたくせに、一節を読んでも「ああ、あの場面ね」とはならないのがお恥ずかしいが、
歌の中に出てくる植物を愛でるって、平安の世と今世のつながりを感じられるような気がして、それだけで「あぁ、悠久」

そんなわけで順路が二又になる場所は、戻って「源氏物語」のプレートがないか確認しながら、南神苑を歩いたのだった。
何度も言うが、この時季は何も色づいていないし、何も咲いてはいないけれど。

そんな一人「源氏物語植栽ラリー」を終えて、西苑に向かうと、そこで私は縁起のいいアレに出会うことになる。
(つづく)